読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボカロとマイクラが好きな、聴くブログ

ボカロとマイクラが好きな雑記ブログ

follow us in feedly

複雑な評価と人間性の厚み


  • とある小説。なかなかの読み応え、という評価をつけ、いざ人の評価を見てみると、難しくて理解できなかったとある。
  • 人間性が、それほど単純に理解できるものばかりではないだろう。シンプルな人間というのは理解しやすいかもしれないが、それは楽ばかりしている人と言えなくもない。
  • 読みやすい、感情移入できる、そういう指向性があってもいいだろう。しかし逆に、複雑で、難解で、読み解くのが難しい人もいるだろう。それが多様性というものだ。
  • さて、噛めば噛むほど思考力は上がると思われるが、縄文人の一回の食事での咀嚼回数は4000回ほどと言われている。現代人の620回とは雲泥の差だ。なおかつ、最近ではテレビでも、「やわらかい」というのが褒め言葉になるくらい、食事の柔らかさばかり重要視しているような有様だ。
  • 咀嚼しやすいものもいいが、それを基準に人を評価するととんでもない思い違いをしていることになりかねない。
follow us in feedly