ボカロとマイクラが好きな、聴くブログ

ボカロとマイクラが好きな雑記ブログ

follow us in feedly

予想は楽観、結果は暗澹

掃除はなぜ最適化されないのか。



今日は自分の日じゃない、的な言い回しがあるらしい。

それを言ったら、誕生日にどえらい目にあった銀河鉄道の夜は大殺界か天中殺か。


車の中でどんな曲を流すか問題は、自分の好きな曲を流すか、モテ要素を入れ込もうか、で変わる気がするのだけど。



クラスの人は全員仲良し、という幻想を抱く教師に付き合いきれない、という生徒がでてくるのは仕方ない。それは人間を知らないと言ってもいい幻想だから。


数学者が難問に取り組むと、常人には計り知れない理由でドツボにはまることがあるらしい。オタクがジャンルにはまることを沼というが、海にハマるに変えよう、と提言があった海の日。


小さい子がユーチューブを見るのは暇だから。昔のテレビと同じ役割。


政治家が想定している、国民の理想的な家庭は、もうほとんどないらしい。それこそ、地盤・看板・鞄を引き継ぐ政治家くらいしか、そういう理想的な家庭はないのでは。


仕事の成果は説明できたほうがいい。農家だったら収穫期にどうなる、ということ想定して、その逆算で現在の行動を取っているわけで。ちゃんと逆算で仕事を片付けてますよアピールは要る。


今の、野球をプレーしている人より、野球のルールを作った人のほうが断然楽しかったはず。その努力の残り香が、楽しさを想起させる。


一日、ネットを見ていると、何かは思いつく。記録さえ残しておけば。


依頼人は、実は自分が何を依頼したいかを知らない。素敵なプレゼントをくれる人を、できるだけストレスなく探したい、というのが本当のところ。


コミュ障が増えたのは、要は空き地がないからだ。遊びは創造的なものであり、プロジェクトだ。みんなで遊ぶ、というミッションを核にしたプロジェクトだ。子供でもプロジェクトマネージャーなのだ。遊ぶ機会を失った、というのは、そういう人材を育てることができなくなったことになる。

つまり、これから日本を変えるなら、昔懐かしいガキ大将を作るべき、と言い出す老害がでてくるかもしれない。


スケジュールを立てるとき、一番気をつけるべきなのは、結局どうなりたいのか、を明確にすること。


人を育てたい、と言いながら、逆のことをしていないか、注意が必要。


礼儀は進化している。いわゆる老害は、今の礼儀の流れをみていない。


タネを植えよう。それしか、贈り物を受け取る資格がもらえないから。

follow us in feedly ** 注意 - Web Speech API非対応のブラウザでは音読できません */ (function () { if (!window.speechSynthesis) return; document.querySelectorAll('article').forEach(function (article) { var button = document.createElement('button'); button.type = 'button'; button.className = 'btn'; button.textContent = '音読する'; button.style = 'float: right'; article.querySelector('header').appendChild(button); button.addEventListener('click', function () { var synth = window.speechSynthesis; var body = article.querySelector('.entry-content').textContent; var utter = new SpeechSynthesisUtterance(body); synth.speak(utter); }); }); })();