読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボカロとマイクラが好きな、聴くブログ

ボカロとマイクラが好きな雑記ブログ

follow us in feedly

日記なので日記らしく書く

読書をしました。黙々と。なぜなら時間があったから。

読書の面白さを語るのもいいけど、どうも今回は気が乗らない。アニメを見逃しているような感覚だ。

そう、アニメは毎回みている訳ではない。楽しみにしている、というと人格を疑われそうな内容のアニメをみているから。イメージの問題。

ただ食事をしているだけだったり、ボケにツッコミがいないとひどい惨状になる好例をみたり。

ながら作業でみるので、それほど気合いも入っていない。

ニュースとかをみる方がよっぽど重要だったりします。

ニュースの話題をここに書くなら、ああ、時事的だな、恒久には残らないな、とか意識したほうがいいかも。

もっとも抽象度をあげるなら話は別です。

抽象度を上げると、いつか何かに再利用出来る気もします。ただし、表現が理解できるなら。

今書いていて、あまりに構造がお粗末なので、読みにくい。箇条書きの連なりでしかない。

しかし、ここから、何か得るものがあるといいな。

ヒントとして、今現在眠い、というステータスを公表しておこう。

おお、日記らしい。

 

そういえば誰かのブログで、読んでいてさっぱり意味が分からなかったことがあった。

本人は長文を綴っているし、何か意味があって書いているのだろうけど。僕にはまるで通じなかった。

ブログを読むリテラシーというのは確実にある。拾えるか拾えないかは、もう趣味を理解できるかどうかとほぼイコールになっている場合もあるだろう。

ちょうどうまい具合に、スターの存在に気付いたから、冷やかしに行こうか、といってみたら、リア充ぶりにこっちが引いてしまったということもある。

文化レベルがあってないと、共通点がないと、意外と絡みにくい。

そもそも、絡むのは苦手です。相手の文章をどのレベルで読解する必要があるのか、検討がつかないから。

セーフのラインを手探りしたほうがいいのか、アプローチ自体が間違っているのか。

はてなにははてなのやり方があるに違いない。それが自分とあっているかどうか。

何とも言えない時間を、ただブログを読むという作業に費やす。

いや、ブログって楽しいから読むのでは?

インプットとアウトプットのバランスを考える。

まるでブログを読まなくても、ブログを書くことは成立する。

成立するが、どこか冷たい。

そう、クール系のブログであれば、それで正しい。

正しいから、これを続けていけば良いか。

そう安易に考えることにしよう。

 

follow us in feedly