ボカロとマイクラが好きな、聴くブログ

ボカロとマイクラが好きな雑記ブログ

follow us in feedly

マイクラのハードボイルドとハードモード

年末ですが、平日な自分です。

いくら連休だといっても、365日休みな人には平日となんら変わらない、という。

では、なにが違うかというと、見る番組が違う、くらいでしょうか。

うさぎとかめ、と言いますが、リアルで休んでるのはかめのほう、という認識です。スキルのないほうが、前進を実感できないというのはやはりモチベーションに難があるので、快適に進めるほうが前進するのです。

そういうことを考えつつ、いまから志をたてることを考えてる。

来年をどう過ごすか。

とりあえず、どうすごしたか、振り返れる仕組みを整えよう、というのが本音。

それで、だいぶ改善される。

うさぎになれる、ということ。

晦日、とはいうけれど、帰省とかのニュースも見てないし(ほんとに見逃した)、ああ、ネットニュースをみるべきか。

年越しそば、というけれど、うちは沖縄そばを食べるのが定番。しかし、今年の沖縄そばは麺が平たいきしめんっぽかったけど、いったい自分の年越しはどうなのだろうか。

 

今日のなろう 2020/12/26

日々、なろう小説を読んでいるのですが(主に冒頭部分)、それをちょこっと紹介してみようという試み。

 

ああ素晴らしき【鑑定】スキル~ありふれたスキルのせいで王様に嫌われたが、実はものすごいレアスキルだったおかげでお金いっぱい信頼できる仲間いっぱいでしかもかわいい女の子になつかれて大変な件について~

 

【タグ】

R15 残酷な描写あり  オリジナル戦記 冒険 チート 鑑定 俺TUEEE 男主人公 西洋 ファンタジー 主人公最強 ざまぁ ハッピーエンド 追放 成り上がり 無双 レアスキル

 

【感想】

読書範囲がまだまだ序盤なので【第13話/連載中45話】、展開らしい展開してないです。

よくある、成人でスキル判定をして将来設計をするパターンですが、ちょっと変わっている点が2段階で判定することですね。

まずレアスキル持ちかの判定をして、該当するなら王都に招かれて詳細な鑑定で調べる手順になってます。

恐らく、スキルの方向性によって強制的に官僚にして、適材適所に振り分けるはずです。王政で、王権がかなり強いようなので。

タグにあるとおり、追放ものになっています。まったく主人公に非はないのですけどね。

主人公にポテンシャルがある雰囲気はするのですけど、まだ”溜め”の部分なので、どう結果を出すか? というところです。

 

異世界ジャンクヒーロー★タイムスリップで異世界へ

 

【タグ】

R15 残酷な描写あり 異世界転生 異世界転移  青春 ヒーロー 冒険 ほのぼの 近代 タイムトラベル パラレルワールド ハーレム ゲーム チート 人外

 

【感想】

読書範囲は【3話/連載中57話】。

青年が片道切符の可能性のあるタイムスリップで紀元前の世界に行く話。と思いきや、異世界に行く話。

タイムパラドックスはどうなってるの? とは思うが、個人的にこまかいことを気にしないので、普通の異世界ものとして読んだほうがいいのかな。

ブログを続けるコツをねつ造してみよう!

ハロウィンを迎えた午前0時頃、頭痛になりかけてしんどかったのですが、頭痛薬を飲んでから就寝、やっぱり寝起きに頭痛で目が覚めるとかいう朝のスタートは最悪なので、それを回避できた自分すごい、と自画自賛したりして。

そうこうしているうちに、お昼になり、荷物が届いて頭に効くサプリを無事補給できることになりました。これ飲むと頭の回転が良くなる、と実感しているのです。

そして、夜になれば、月に二回満月になることをブルームーンと呼ぶことと、ハロウィンを合わせてブルーウィーンと呼ぶ、というデマが拡散しないかしんぱいしていたりします。

 

さて、こんな日常をつらつらと書いてみましたが、ブログというものは、モチベーションがないと書くのが大変だったりしますよね。

そこで、モチベーションについて考えてみたり。

一般的な、PV狙いとか、テクニック集ではなく、もうちょっと踏み込んだものを書いてみよう、と思ったのはやっぱり独学大全の影響です。

と言い始めると、大全の最初の方しか読んでないことがバレバレですが、最初の、やる気をいかにして保つか? という手法がすばらしいので、ブログのモチベーションに使えないかと思うのは自然なことです。

 

では、実際、ブログを書くことで得られる対価を考えてみます。

「与えよ、そうすれば与えられる」

みたいな言葉があったと思いますが、PV狙いって明らかに与えてないですよね。クレクレって感じで。

テクニックで続けよう! みたいなことは、やっぱり感情とつながってないので、続けるのが難しいかもしれません。テクニックを磨くこと自体が趣味だと違うかもしれませんが。

 

「仕事の対価は仕事」

という言い回しがありますよね、仕事を全うすれば、次の仕事につながるという考え方。

ブログを書く際は、考えますよね、文章を。

考えの対価は、考え、つまりはアイデアではないか? という推察です。

文章系のブログなら、たぶんそういうことが起きます。

ブログは、自分がそうなのですが、書く前に完成形は想像つきません。書いている最中が面白かったりします。まったく予想だにしなかった思考に触れることがあるからです。

そういう、自分が考えそうな、自分好みの思考を発見する、その過程が楽しいから、ブログを書くモチベーションに変換できるのではないか? ということです。

 

その対価、アイデアに価値を見いだすかどうか? それが重要ですよね。自分にとって価値がある、だから書く、ということになりそうです。

 

 

発想は発表によって変えさせていただきます。

返信のしかたがわからないからそのままエントリーにしちゃう。

 

ステッパーという、その場で足踏みする機械を買ってあります。なぜ買ったか。そもそも、散歩するメンタルがないから。散歩中に、それ以上歩けなくなる危険があります。そういうとき、休みたいのに、道の真ん中で立ち往生する様がありありと目に浮かんで散歩にでられないっていうのがあります。

ステッパーなら、疲れたらすぐ下りれば動作をキャンセルできます。そういう機械を買って使っていることに、とても満足感があったりします。なかなか場所的に邪魔なので、取り出すのが多少手間ですが、それくらいの運動をする気もないなら、やっぱり散歩するどころではないのです。

 

まあ、そういう書いてないこまごまとした体調管理ツールがほぼそろっているので、体調はだいぶいいです。あとは、睡眠時間を実際に長くすれば完成です。

メンタルの調子は睡眠時間を伸ばせば、自然によくなる、と思っています。

 

そうですね、頭痛にいちばん効くツールと使用例は、痛くなる前日までに背中をマッサージ機でごりごりほぐしておくこと、だったりします。

その背中が凝るタイミングが分からなかったのですが、フリーソフトをたくさんおいてあるvectorで、「あれはいつだっけ?」というフリーソフトを使うことで、だいたいの周期を確認できるようになりました。

組み合わせでツールを最適に活用できる、ということです。その組み合わせを見つけるのに、たいへん時間がかかっています。

 

腰を守るコルセットも既にありますし、肩のものもあります。リウマチの、手首用もあります。

背中に手が回らないので孫の手もあります。パソコンなら、トラックボールを使用してて、キーボードもほんのちょっとの角度が負担になるので、ちょっと左右に分かれたキーボードを使ってます。

目の疲労を避けるため、モニターをオレンジにしましたし、キー配列はローマ字でもかな入力でも親指シフトでもない入力法を使用してます。手の負担を軽くするためです。

あ、椅子は一丁目一番地で最初に買いました。これが一番高かったです。

という感じで、自分に投資をする、の意味が、体調を整えることにだいぶ力をかけててようやく人並みになったかな? っていう感じです。

気分爽快、目はしょぼしょぼ

いつもとは違う朝です。とても寝ました。

寝ると、行動パターンがちがってしまうのは何なのでしょう。つまりは普段はぼけた行動をしている、といえなくもない。

こういう行動の元となった本によると、頭がすっきりする、という話だったが、これはすっきりうん、まあ、但し書きがつきそうです。

すっきりは、脳にたいする影響です。体の病には効きません。

的な。

鬼滅の刃、すごい人気だけど、ここにアニメ1話で切った人がいますよ。

 

面白いのは分かる。かっこいいのもわかる。しかし、それを読む人間の脆弱性に作用する、としたらどうだろう。

面白い話でも、進展するとつらい、というなんとも表現しにくいトラブル。

 

それはそうと、体のメンテナンスをしてきた。

ちょっと軽い運動をして、腰がヤバいとか。

たくさん寝ると、腰を動かさないで寝ると疲労が蓄積する、という知見を得た。

YouTubeにありそうな、運動系のなんたらとか、そういうのは全無視で。

そもそも、ラジオ体操をすることが、体力の限界を超えている、という事情。例えば、肩。右肩はあがるのに、左肩は上がらないって言う、そういう状態。しかし、なぜ左が上がらないのかについては謎。ヒビはいって大変だったのは右なのに。

そういう、パーソナルな話題を書いてしまうのは、頭が回らないからです。調子こいて、情報収集してからだ、と意気込んで、ネガティブな話題にまみれて、朝からがっかりなテンションになる人とは居るでしょうね。

頭がまだ、目が覚めてない感がするので、

ときめくものを残すと整理整頓できる。ときめかないものに触れないと汚部屋になる

アクセルとブレーキ、という考え方がある。

前進するのに極振りと、止まることに極振りと。

そのスイッチが何か、っていうのが問題で。

感情がスイッチだ、といった場合、感情を信頼してないと、けっこうたいへんなことになる。

タイトルに書いたが、ときめきを基準にすることが流行っているようで。

札束とかもつとときめくから、札束がほしい、というのはおいといて。

洋服で、テンションがアゲアゲになる服、それはあるような気がする。

ASDみたいな、無頓着で、こないだなんか風邪をひきかけたような状況もありうるのだけど、

実用的か、みたいな基準と、よそ行き、というテンション基準と。

さげさげなものは部屋着にしよう、的な考えは、発想としては現状維持をよしとする考え。

これは、チャンスがあっても飛び込まないっていう態度にもなりかねないので、好転しない場合が考えられる。

その辺の、心の作用を論じると、低反発クッションよりも顕著な反発をする人がいそうなので、深くはつっこまないけど。

ときめきを残す、それは良いエピソードとつながった記憶を残すのと同等。ハッピーを連想しやすい環境を作れる。

そういえば、コレクターの中には、集めすぎて部屋がうまる、という事態に陥っている人がいます。特に汚いものじゃなく、価値のあるものでも。

カラスとかビーバーでもできる整理整頓が、なぜできない人間がいるのか。

動物は感情のスイッチがないから、というのも考えられる。

実用性で集めると、それは同価値のものしかないことになる。

人間の、価値を見いだしているけど、片付けることに価値を見いださないひともいたり、それが誰でもできるようになるノウハウがまだない、けれど、家政婦にやってもらおう、とかいったら、海外の番組で家一軒掃除して一〇〇万近くしていたような。掃除にそれだけかけられるかなー。

 

思考が現実化するかは、試行回数による

生存バイアスと言えなくもない。

 

思考が現実化するか。

例えば、小惑星探査機はやぶさ

あれが現実化したのは、計算をしたからでしょう。

数学という、世界共通言語で細部まで計算して、それで実現可能なことを現実にした。

 

思考が現実化するかは、その、思考に使う言語をどれくらい明確に概念を使い分けられるかにかかっている。

そこには、必要な、計測可能な数字を織り交ぜることも忘れてはいけない。

 

それはそうと、書けない。頭に効くサプリは昼に飲んだから夜には切れてるってことか

follow us in feedly ** 注意 - Web Speech API非対応のブラウザでは音読できません */ (function () { if (!window.speechSynthesis) return; document.querySelectorAll('article').forEach(function (article) { var button = document.createElement('button'); button.type = 'button'; button.className = 'btn'; button.textContent = '音読する'; button.style = 'float: right'; article.querySelector('header').appendChild(button); button.addEventListener('click', function () { var synth = window.speechSynthesis; var body = article.querySelector('.entry-content').textContent; var utter = new SpeechSynthesisUtterance(body); synth.speak(utter); }); }); })();