ボカロとマイクラが好きな、聴くブログ

ボカロとマイクラが好きな雑記ブログ

follow us in feedly

問題意識を書けないのは問題ではないか? という問題意識

トトロだけど。 ブログを書く、それを誰かが読む。 誰かに刺さる文章を書く、というのは大前提だけど、何が刺さるかは分からない。 問題意識(例えば、誰もが批評するようになったが、不寛容との違いが分かっていない人がいるとか)を書けば、刹那的に、問題…

たまたま本を読んでいた、なんてない。

ちょうど読んでいた本にインスパイアされて、みたいな下りがあったら疑う。 それってバイアスかかってない? みたいな。 普通の人は本を読んでいない、みたいな。 たまたま見た映画で、みたいなことも、同様。 映画は、興業。価値があるものしか残らない。 …

思考を言葉にするのは、慣れない

目的に寄るのだろうけど、思考を言語化するのは難しい。 ちょっとした気づきを言葉にするには、当然前もって気付いている必要がある。 しかし、このブログでは、たいていの場合は書いている最中に気付いている、ことが多々ある。 動的な思考が、言語化する価…

面白い、には力がある

やる気がないとき、どうしたら面白くできるか、という視点があると少し気が楽になる。 それこそが力だ。 面白いには、『常識とは違って』というキャプションがつく。 常識が面白い、とはならない。それは文化の違いだ。 尊重の気持ちがあれば、面白く感じる…

文章を書くということ

文章、悩んでます。 メモ以外に書くことが、実に面倒であることが増えているような気がする。 学生の時分から、必要事項以外のメモを取る、以外に書いていなかった。 しかし、よく考えてみると、自分の考えを伝えるような場面でも、正確な筆致をした覚えがな…

頭の痛い話。

頭痛の話をすると、頭が痛くなる。お前は今まで食った錠剤の数を覚えているか? 的な。頭痛の種、という比喩を生み出した人を評価したい。ほんと、タネと呼べるくらい小さな違和感から大きくなるんだよね。

おれってかしこい病はググらない。

少ない経験から、絞り出すようにブログを書く、と言う行為に、共感する人は多少はいるかもしれないけど、あまり一般的ではないと感じる今日今今。自分の頭で考えるな、と言う態度が、研究者にとって大事な素養らしいのですが、NHKでやっていたらしい縄文時代…

台風前夜(ニュース的な意味で)

この曲を一日一回は聞いていると思う。まあ、ハマってる、というやつだ。 もっと広がれ、と積極的に推奨している訳では無い。あくまで、個人の感想。とはいえ、共感する人は一定数いるとは思っている。 そういえば、誰かの「私的メドレー」とかいうのが、ほ…

いかにして、具体性を出すか

日本サッカーが、完全にガラパゴス化するように監督を決めてしまいましたが、サッカーファンというのは世界に目を向けているのでその意志決定をどうみるのか。勝つための選択では無く、味方同士でパスを回すための選択とは見られないだろうか。という要らぬ…

すこし思ったのだけど、

Open Live Writer でここのブログを書くのはなんか違う気がするが、違和感は、道具を使いこなしてから考えたほうが、発展がある気がするので、このまま続行。ブラウザを使わない利点というのは確かにあるので、そこを考慮しておけば、いいのでは。ちなみに、…

今日は、書くことがない。

ちょっと、関心のありかがここに書く内容とはずれていた日なので、適当に草を詰めます。ここまで書いて、あとは熱中症というか脱水して、倒れるように寝ていたので、回復するのをまっていたような状態。どのように話の種を持ってくるか、それは、考えなしに…

ネタをなかなか集められない、という怠惰

ちょっとした実験をすると、結果が出るのが楽しみになる。性善説と性悪説の基礎すら知らないという、古典の教養がおろそかになった人が増加傾向では。接続詞万能説を唱えていた中二病時代。相手は迷惑。「学んだら具体的なアクションに落とし込んでください…

予想は楽観、結果は暗澹

掃除はなぜ最適化されないのか。今日は自分の日じゃない、的な言い回しがあるらしい。それを言ったら、誕生日にどえらい目にあった銀河鉄道の夜は大殺界か天中殺か。車の中でどんな曲を流すか問題は、自分の好きな曲を流すか、モテ要素を入れ込もうか、で変…

Open Live Writerを使う。

http://k69.hatenablog.com/entry/2017/09/18/220608 この記事を読んだ。試そう。 あー、確かに下書きに送ったら送られたなー。 でもリンクはそのままの文字列か。

今日のまとめ。たぶん三日もたないけど。

①「選択できる自由というのがすごく大事だと思う。」 どんな文脈で使われた言葉か、はっきりと意識はしてなかった。選択を、実はオート感覚でボトルネックに合わせた行動をしている人はいるだろう。 ②別の話題。不都合な真実が明らかになると、自分がそのク…

絶望した人が読むと立ち直れるかもしれない本

有効なリンクURLが拾えましたので、貼っておきます。ぜひぜひ全文をお読みください。https://t.co/CYAHQhYOrF https://t.co/dbMeE9Sh3A — 読書猿『問題解決大全』4刷、『アイデア大全』9刷 (@kurubushi_rm) July 16, 2018 自分の苦境を変える力を秘めた、す…

発達障害にはタスク管理が必要。

と書くと、普通の人もタスク管理は必要だよ、的な反論があるかもしれないけど。 発達障害を普通に押し上げるには、タスク管理が必要って事で。普通の人がやったら有能に近づくけど。 さて、発達障害には、いろいろと個性がある。だから、画一的なタスク管理…

わたしは開き直りました。

予定の組み方を考えていたのだけど、実行力からいって、3日以上離れてると認識しづらい。なので、予定は3日の射程距離で考えることにした。 さらに、今、何をやっているかといったものを書き留めることもしていない。なので、3時間おきに復習というか、ふり…

勉強は続くよ、どこへやねん。

勉強はしないとです。まず、用語を理解してない点が擁護しきれません。 チェックリストを作らねば、と意気込んで、チェックリストとは違うものを仕上げつつあるとか、問題ありです。 と、チェックリストらしきものに問題ありと記入するのを忘れずに。

ああ勉強だよ、何が悪い。

ちょっとした勘違いで手に入れた本。 A Guide to the Project Management Body of Knowledge (PMBOK® Guide)?Fifth Ed. (JAPANESE TRANSLATION) 作者: Project Management Institute 出版社/メーカー: Project Management Institute 発売日: 2014/09/26 メデ…

書かないで書く、と言う芸当

特に、非日常時に有効な書き方だが、それは何を意味するか。 まあ、非日常に突入している人は他に読むブログがあるでしょう。 僕は適当にメドレー聴いてます。 フラストレーションがたまる、という日常に嫌気が差すけど、運動で発散すれば良いのでは? とい…

思考は明瞭、意味不明瞭

タイマーをフル活用した、タスク管理がうまくいきそうな気配。 タスク管理って、うまくいった試しがないのに、継続してやらないと効果があるかどうかも確かめられないというアンビバレント。 Excelを持って無くて、リブレでタスクを精査するという落ちに、ア…

小説の構造が気になる

伝説のユキマスターが帰ってきました。 さて、小説の分解読みを進めている。アウトライナーに、文章をまるごと乗っけて切り分けていく。細かく見ることになるし、手間なのだが、それで今まで気付かなかったことに気付く(大抵は読み飛ばしが原因)。 アウト…

書くスキルは、絶対量に依存する

いつも通り、というコメントが印象的でした。だから人気がある。 さて、ふりかえりのイロハも知らないのにふりかえりをするという暴挙も、一月も続けば立派な、ふりかえりです。 ふりかえり、一見するとただの日記、という。なら日記と呼べば良いじゃん。し…

タスクは管理しても管理されるな

このマッシュアップ、何回も聞いている。 それはそうと、考えていることがある。別に世界平和とかではない。 ざっくりいうと、タスク管理とかカイゼン界隈の話。果たして個人でできるものだろうか、という考察はあるものの、やれる範囲で、と注釈を入れるな…

ただマイクラについて語る

今日の一曲。ヘビロテ。 さて。書きたいのはマイクラのこと。マイクラ、進んでません。モチベーションの問題だったり、録画の問題だったり。 一番の問題が、グレッグでやる場合に、どこまでも草刈りにでかけてしまう、計画性のなさだったりする。 それはそれ…

眠気で思考が回らないときの備忘録

読書が進まない。 というのも、読書しているからだ。 なろう系を読んでいると、ビジネス書系は読めない。当然の話だ。 だから、控えなければ、と思いつつ、ハードルの低いのを読んでいたりする。 眠気というのは抗いがたい。どうしても眠い。 眠いぞ、と書く…

ジャンルで選んでる時点で、ネタバレと言えなくも無い。

去年のボカロ。 一年の計は元旦にあり。つまり一年で一番計画倒れが発生しやすい日と定義してもいい。一昨年は整地して過ごす、という明確なスタンスがあったが、今回はなんとなく年を越してしまった。ゲームでなし、ブログでなし。ボカロでなし。こういうの…

正負の法則、セーフの法則

なんかツイートで見かけたけど、自分が不幸になってもいいからみんなが幸せでありますように! みたいな願掛けをしている人がいた。 この思想の、どこがいかんか? みたいな話。 これって、大前提として、幸福の絶対量が決まっているってなってるでしょ。 そ…

メモを取れ 言った口から メモをせず

メモをしよう! 的なメモが、その意図とは乖離している気が。 「感情」から書く脚本術 作者: カール・イグレシアス,島内哲朗 出版社/メーカー: フィルムアート社 発売日: 2017/07/14 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (1件) を見る 唐突に、衝動買い…

follow us in feedly ** 注意 - Web Speech API非対応のブラウザでは音読できません */ (function () { if (!window.speechSynthesis) return; document.querySelectorAll('article').forEach(function (article) { var button = document.createElement('button'); button.type = 'button'; button.className = 'btn'; button.textContent = '音読する'; button.style = 'float: right'; article.querySelector('header').appendChild(button); button.addEventListener('click', function () { var synth = window.speechSynthesis; var body = article.querySelector('.entry-content').textContent; var utter = new SpeechSynthesisUtterance(body); synth.speak(utter); }); }); })();